ミョウバンはワキガに効果ある?

ミョウバン,ワキガ

ミョウバンは、食品に利用される毒性のない安全な成分ですが、実は、においの元となるバクテリアの殺菌に強力な効果があります。

 

また、肌に優しいだけでなくミョウバン自体が安いので、夏場にとても人気です。

 

 

ミョウバンの便利な使い方を紹介します。
ミョウバン,ワキガ

ミョウバン水スプレー

ミョウバンが、ワキガにどのような使われ方をするかというと、
ミョウバンを水に溶かしたミョウバン水のスプレーが一般的です!

 

作り方は、簡単で水500mlに対して、ミョウバン20g(大さじ2杯)
程度の割合が一般的です。

 

具体的なミョウバン水の作り方

①空の500mlのペットボトルを用意。
②漏斗(じょうご)と大さじが無い場合には、100均で購入します。
③じょうごを使って、先にペットボトルにミョウバンを入れ、後から水道水を入れます。
(※純水よりも水道水の方が持ちが良かったです!)
④ペットボトルごとよく振って3日間冷蔵庫で寝かせます。
(※白い結晶が溶ければ完成です。)
⑤じょうごで、スプレーなどに移して使用。

ミョウバン水の使用期限

要冷蔵で約1ヶ月持ちます。
スプレーに移したものも一緒に冷蔵保存した方がいいですね~。

 

焼きミョウバンと(生)ミョウバンの違い

・焼きミョウバン AlK(SO₄)₂
・(生)ミョウバン AlK(SO₄)₂・12H₂O
化学式で表すと、焼きミョウバンと(生)ミョウバンの違いは以上になります。
要は、焼きミョウバンは、(生)ミョウバンを焼いて水分を飛ばしたものと言うことですね!

 

焼きミョウバンは、よく食品(ナス漬けの色止め)などに使われますが、
生ミョウバンでも水に溶かなければ簡単に劣化はしないので、
ワキガ用のスプレーの場合には生ミョウバンで問題ありません。

⇒ミョウバン通販価格はコチラ

 

 

ミョウバン,ワキガ

 

ミョウバンお風呂作り方

上記で作ったミョウバン水を50mlを上限として強すぎると思ったら減らして下さい!

 

私がミョウバンのお風呂を作ってみた感じでは、50mlだと少し強いかもしれません。
お風呂上がりに肌がつっぱる感じと、痒みが出てきてしまいました。
半分の25mlぐらいが丁度良さそうです。

 

 

ミョウバン水は夏場には効果なし?

ミョウバン水は、春・秋には安く済むしオススメの方法なのですが、夏場にはイマイチ・・・効果が感じられない。

 

どうしてかと思ったのですが、どうやら汗でミョウバンが流れて衣服などに吸収されてしまっているのが原因っぽいです。

 

ミョウバン水は、肌に合っていたのでどうしようかとネットを探していたら丁度いいものが見つかりました!!

 

ミョウバンクリームです。

 

ミョウバンクリームにも色々なものがあったのですが、口コミ評価と値段を見てデオラボクリームに決めました。

 

 

⇒デオラボクリームの体験談はコチラ!!